HOME>特集>手提げ袋で効率良く宣伝~利用者にも宣伝してもらえる~

手提げ袋で効率良く宣伝~利用者にも宣伝してもらえる~

バッグ

オリジナルの手提げ袋を作る理由

店舗や企業などにとって宣伝活動は経営において非常に重要な位置を占めています。様々な広告手段がある中で考えたいのは、広告費用と宣伝効果になります。費用面を見るとメディアを使用したCMでは必然的に費用が高額になり、効果に見合った戦略を慎重に検討しなければなりません。また、誰かの目に止まらなければ広告としての意味がありませんので、見えにくい位置にある看板や、見ないで捨てられる場合もあるチラシなどに広告費を使うのは効果としては期待があまりもてません。では方法として手提げ袋はどうでしょうか。気軽に配布できて、もらった方も袋として使用が可能で、持ち歩く事でさらなる宣伝効果が期待できます。費用面での抑制はもちろんの事、動く広告として効果の可能性は広がるとも言えます。

手提げ袋

手提げ袋の依頼流れ

オリジナル手提げ袋を作成する方法としては、制作会社への電話が一般的となっています。また、他にもホームページを開設しているところであれば見積もりフォームに必要項目を入力して依頼をすることもできます。制作会社によってはサンプルを提供してくれる場合もあり、商品の検討がしやすくなります。尋ねる点や要望する事を打ち合わせしながら作成内容を決定して見積もりの提示を受け、確認できれば発注書を提出します。その後デザインの入稿を行い、場合によっては前金を入金してから製造作業に入ってもらいます。製造期間についてはデザインや品物の種類などにより変化しますがおおむね2ヶ月以内には完成されます。完成後には必要な送料を支払い、発送を受けます。